0824-72-3762

〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央7-10-29

特別融資でコロナウイルスの脅威を乗り越えよう

事務所に多数の相談

民商会員さんより、今週も「3月より売上が4割まで落ち込んだ。会社向けのイベント等の販売がかなりを占めていたのでかなり厳しい(中区・弁当販売業)」「お昼には人が来ているが、うちは大手が多いので会社からの通達もあって、4月になってから夜はさっぱりダメ。これからどんどん厳しくなる可能性もあるので今から融資など対策を考えておかないと・・・(中区・飲食業)」「売上が3割まで落ち込んでいる。融資の手続きのことが何もわからないので教えてほしい(廿日市・飲食業)」という声が挙がっています。
融資について今までに多数のの問い合わせがありました。
現在、政策金融公庫の融資について1件が提出済み、2件が申請に向けて現在進行中です。前記のように飲食関係の会員さんからの問い合わせが増えています。
西部民商では、3年間は無利子で融資を受けられるということで政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」+「特別利子補給制度」を勧めています。直近1ヶ月の売上が前年比5%以上減っていることが条件です。
政策金融公庫の融資について、具体的には適用例として、運転資金1500万、5年返済の場合、3000万円以下の部分について、利子が当初3年間0・46%、3年経過後は1・36%となりますが、当初3年間の利子分については、支払済利子額を後日政府の実施機関が補給し、実質無利子となります。
新型コロナウイルスは私たち中小企業・小規模事業者にとって今までに経験したことのない最大の危機です。民商の仲間と一緒に「新型コロナウイルス」の脅威から私たち中小企業・小規模事業者の経営とくらしを守るために奮闘しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA