0824-72-3762

〒731-5128 広島県広島市佐伯区五日市中央7-10-29

〝市で小規模企業振興条例の制定を〟

1・29大竹市と懇談

大竹市と西部民商の懇談が行われ、大竹市からは吉岡総務部長以下12名、西部民商からは7名が参加しました。(主な内容)

①小規模企業振興基本条例については、広島県で制定されているので条例の趣旨を尊重しながら事業を進めていくと回答。また、本市においては経営基盤の強化、資金の調達の円滑化、中小企業の皆さんの人材育成について、大竹市の総合計画、総合戦略で具体的に明示して取り組んでいる。条例としては今のところ考えていない。

②国民健康保険については県単位化となり、現在激変緩和期間なので、保険料率を引き下げるため、国民健康保険財政調整基金から繰り入れを行っている。徴収については適正に行っている。短期保険証は昨年8月1日時点で147世帯253人、資格証明書は93世帯117人を発行。全被保険者数は4月1日時点で4123世帯6435人になると表明。

③官公需の地元事業者への優先発注については可能な限り業者への受注の機会があるように措置を講じている。契約条例の制定については将来の検討事項と考えている。住宅リフォームについては大竹市は住宅の改修等補助事業を行っている。また、木造住宅の耐震診断に対する補助、耐震改修に対する補助、土砂対策に対する補助を行っているとのこと。商店街に関しては、共用で設置したものについて、維持管理についての補助をしている。

④政府による信用保証制度については、国の動向を注視する。

⑤地方税の換価の猶予制度については、条例で制定されているのでまずは状況を聞きながら納付相談をしている。過去3年の実績はない。財産がない時は執行停止の対応もしている。

⑥インボイス制度について、市としては国の状況を見守る。

⑦マイナンバー制度については国の動向を注視する。現在大竹市でのマイナンバーカード取得率は14・1%とのこと。

⑧自然災害への対応については、地域に精通した業者へ頼んでおり、何かあったら100%打診して動いて貰っている。

⑨米軍岩国基地の低空飛行や騒音悪化の問題については、前月の情報に基づいて翌月の月初に苦情件数の報告を行っている。その際に騒音の低減について要請を岩国防衛事務所を通じて防衛省の方へ要請していると回答。

⑩小規模企業の社会保険料負担の軽減については、国の動向を見守っていく。

⑪所得税法第56条の廃止については、国の動向を見守る。

核兵器禁止条約を批准するように政府に求めてほしいとの要請には、平和首長会議に加盟しているのでこちらを通じて早期締結を求める要請活動や署名活動を行っている。引き続き周辺自治体と連携して行っていく。 今後も民商として要請を続けていきます。

中・西・東・湯来支部合同学習会を開催

五日市中央公民館で学習会を行い19名が参加しました。

学習会では、確定申告の改正部分(配偶者控除及び配偶者特別控除部分の変更点、医療費控除領収証が不要になった代わりに医療控除明細書の添付が必要になったこと等)の注意点や、確定申告に関する学習と消費税・軽減税率・インボイスに関する学習も行いました。

参加された会員さんからは「扶養家族が年の途中で亡くなった場合、扶養控除はとれるのか」「労働保険は社会保険の欄でも挙げるようになっているが、事業所得の中で経費で落としている。この場合どっちで落とせばいいのか」等の質問がありました。

拡大統一行動で会員訪問

廿日市・大野・大竹で15人と対話

今回の拡大行動では、婦人部の役員さんと一緒に廿日市・大野・大竹を中心に会員訪問を行いました。

拡大行動当日は男子駅伝で宮島街道は規制がかかっていましたが、詰まることなく順調に訪問を重ね、この日は21件の会員さん宅を訪問。15人の会員さんやその家族と対話することが出来ました。

会員訪問では、ボックスティッシュを会員さん1人につき3箱配りました。会員さんの周りの知り合いの方に配って民商の宣伝を訴えてまわりました。消費税問題の説明ビラと「消費税5%引き下げと複数税率・インボイスを即時廃止を求める請願署名」も同封しています。署名をして頂き、事務所まで持って来て頂くよう、ご協力をお願いします!

この拡大行動では婦人部の役員さんも同行していたので婦人部の現状を訴え、2人の会員さんに「ガーゼ手拭い」3枚ずつ買って頂き、「ガーゼ手拭い」は完売になりました。ご協力ありがとうございました。

共済に2名が加入!共済会で拡大行動

15日(水)に共済会の拡大運動に弾みをつけるための第一弾として、三村共済会理事長と事務局で廿日市支部の共済未加入の会員さんへの会員訪問を行い、2名が加入しました。

今回会員訪問を行ったのは1件ですが、最初は一年半前、次は3ヶ月前、そして今回3回目の訪問です。

最初の訪問では家のローンなど色々支払いがあるからと断られましたが、次の訪問では会費貰ったり、近況を色々聞くことが出来ました。3回目は「県共済」や「生協の共済」に色々入っていると言われましたが、三村共済会理事長が共済加入の必要性を訴えると、最後には「せっかく来てもらっているし、ここで加入するよ」と夫婦で共済に加入して頂くことが出来ました。

最初は断られても何回か定期的に訪問することによって、会話も生まれ、加入につながったので、役員主導の会員訪問の必要性を改めて感じました。

西部民商の共済会会員は現在298名となり、300名の現勢回復に向けて拡大行動を行っていきます!

核兵器のない平和で公正な世界を求めて 婦人部で「折り鶴カンパ」の取り組みを

新年最初の婦人部幹事会が7日に開かれ、11名が参加しました。

幹事会を行う前に「年初の幹事会ではぜんざいをみんなで食べよう」と、黒田部長が事前に準備してきた「ぜんざい」が振る舞われました。中に入れる餅も普通の餅やゆず餅を持って来られていたので役員さんからは「ぜんざいは余り甘くなくて美味しいね」「ゆず餅の味もいいね」等々、しっかりぜんざいを楽しみました。

幹事会では、まず12月の県婦協幹事会の報告が行われ、春の運動の取り組みや所得税法56条廃止の運動のこと、「はたらく女性のつどい」「県婦協・学習交流会」「広島県母親大会」「全婦協総会」のこと等、今年行う運動や行事について報告が行われました。

拡大統一行動については拡大行動への参加要請を行い、黒田部長からは「婦人部で炊き出しをしなくては」と話されていました。

所得税法第56条廃止の要請については大竹市について取り組んでいくことを確認。

3・13集会の準備についてはデモ行進で使うプラカードを例年、うちわを使って作成していますが、プラカードの文言等を新しくしたものを新たに作成することを幹事会で決定しました。

婦人部では、1~3月に、核兵器のない平和で公正な世界を求める「折り鶴カンパ」の取り組みを行い、3月末までに折り鶴を200羽作成することを決定しました。

新たな民商紹介グッズで春の運動をがんばろう

1~3月にかけて春の運動がいよいよ始まります。

今年の春の運動では県内民商の宣伝に活用して貰おうと、県連で統一されたデザインのボックスティッシュが作成され、西部民商には700箱が届きました。

広島民商では、このボックスティッシュを活用して地域の職人さん専門の店や祭りで配るなど、大いに活用されています。

西部民商でも広島民商の取り組みに学んで会員さんにボックスティッシュを3箱配り、知り合いの業者に配って貰ったり、お店に配るなど、地域に西部民商を知らせる取り組みを行っていきます。

新年あけましておめでとうございます 全商連総会に向け春の運動で民商を大きく前進させよう

広島西部民商の会員、商工新聞読者の皆さまに新年のごあいさつを申し上げます。

昨年1年間を振り返れば中小業者にとっては最悪の年ではなかったでしょうか。

安倍政権の経済政策アベノミクスと消費税増税は景気回復ではなく富裕層と貧困層の格差を広げてきました。年の瀬が迫ってくると桜を見る会などの政治の私物化が問題となり国民の暮らしや災害被災者支援等は自助努力を押し付けるかのように削減をしています。今後はインボイス導入と年金改悪と負担押し付けのオンパレードではないでしょうか。

本年は安倍政権をやめさせ複数税率、インボイス制度廃止、消費税率5%にもどす運動を、皆さんと一緒に団結して頑張っていきましょう。

また、本年は全商連総会がおこなわれる年でもあります。今こそ春の運動で民商を大きく前進して、商売と健康と生活が充実できる年にしていきましょう。

(会長・坂井哲史)

共済の長寿祝にプレゼントを 共済会理事会で話し合う!

長寿祝にプレゼントを

このたびの理事会では長寿祝金の対象者について記念品を渡してはどうかという提案があり、1月の対象者より祝金と一緒に記念品を渡すことを決定しました。

 

共済未加入者へ会員訪問

春の運動については、共済未加入者のリストを次の理事会までに作成することを確認。また、現時点でわかっている対象者の一部について、三村理事長と事務局で事前に会員訪問することを決定しました。

 

健診を多くの会員さんへ

健診の案内についてはチラシを作成してはどうかという提案があり、次回の理事会までにチラシを作成して検討を行うことになりました。

仲間同士で学び合い、商売を伸ばそう〟 12・14県青協総会

県青協総会が開かれ、県内民商より14名が集まりました。

総会ではこれまでの取り組みとして西・東・北の3ブロックに分かれて消費税学習会を行ったことを報告。

今後の取り組みとして「仲間同士で学び合い、商売を伸ばせる民商青年部を作っていくこと」「組織建設を重点に青年部建設(再建)を目指すこと」の2点を行っていくことが提案されました。その後、県内民商との交流が行われました。

西部民商では、今年一年青年部活動はパソコン学習会のみで、学習に来られる人も最近は同じ人が多いので、若い会員さんにも声をかけ、もっと多くの人に学習会へ来てもらえるよう働きかけていきたいと思います。

操作手順書を作りたい 婦人部パソコン学習会

婦人部のパソコン学習会が12日に開かれました。
久しぶりに参加されたTさんは、勤めているスーパーの「レジ操作の手順書を作りたい」と、ローマ字表を見ながら文字を入力していきました。Tさんからは「ポイント還元をしてるんだけど、レジでポイント還元の数字を間違えた場合の差額修正する手順を会社の仲間に求められて作ってるんだ」と、メモを見ながらキーボードと悪戦苦闘。ある程度入力して慣れてきたところで「後は家で2・3日頑張って入力するよ」と言われていました。